鏡の手前で、必ずチェックしていた

2016y11m22d_162823309
さっそく、今日気がつくと、重力に負けてなのか、自然の、風向きか
形相も、人体も、うんざりという、下向きに。。。

意思が置きたのは、お家に里帰りした時に、
お家における大きな鏡の手前で、

玄関先のひかりが加わるポジショニングで見た自分の格好!
何!こういう歳とったオバさんはっ!
昔より、思い切り、のっぺりした形相に、
口角の下がる形相が、そこにありました。驚愕。。

お家の、鏡は、精度が美しく、少しのウエイトの開きも見逃さず、
正直にそのままの格好を表す、大層(フランク鏡)でして、
結婚前は、
取引前にこういう鏡の手前で、必ずチェックしていたので、
幾らか太れば直ちに注意するということができていました。おかげで当時は、ウエイト変調が1キロほどでした。

どうしても、ヤバイこのままは嫌!と、
猛烈に懺悔したので、
お家に帰ってから、
一大心機一転。
自分投機だ。
何をしたかと言うと、
キッチンや、
リビング、
自分のよくいる場所の、いたるところに、鏡を据置。
鏡はちゃんとした、鏡専用のクリエイターのものを購入しました。

今まで、使っていた、三面鏡の、ドレッサーも、光りの入りペースもあり、
断然形相のペースがわかっていなかったことも行渡り、

ポジショニングシフト。

また、引っ越したばかりの時に商品屋君で適当に買った、
表皮の細かいところを映してくれない、精度の悪賢い鏡は、あまり使わないポジショニングへ。。。

要は、お家の鏡の様な、
(フランク鏡)を、購入したのです。

ローラーのついた移動できる広い姿見を、 仲間。
そうして小さめのやり方2つ。
大きい出費でしたが、そのぐらい私の驚愕も、
凄まじいやり方だったのです

契約大成功だ。
完全に、頭が、かわります。
フランク鏡の良いのは、
重い時は、そのままに、
但し、綺麗になってくると、
快くて、
ウエイト統率にも、醍醐味を感じます。
メイクにも醍醐味を感じます。

ボクは鏡で、美容を、ついに保ってある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です